毎日を笑顔で過ごしたいあなたへお届け!

7/23(木)「コンテンツマーケティング」前編

今回は「コンテンツマーケティング」コンテンツが大切な理由を箇条書き形式でまとめます。
この記事を読むことで、コンテンツの目的がわかります。

 

金銭的成功の一番の近道は何だと思いますか?
①投資  ②労働  ③起業
③起業
例えば、「月給30万円」と「月の利益が30万円」で考えてみましょう。
この場合、月給はずっと月に貰える金額は30万円です。
もし自分でお店や事業をして30万円の利益を作った場合、次の月も30万円の利益が生まれる為、この会社や事業を売るとなったら30万では売りませんよね?大体、5年間で見ると1800万円の価値があります。
■2種類の事業
OB(オペレーションビジネス):自分が働かなければいけない
AB(オートメーションビジネス):何もしなくても売り上げが入ってくる、何もしなくてもお客様がまわる
■AB=コンテンツ
【例】YouTubeから申し込みがきて売り上げに繋がる。ブログを読んでそこから申し込みがくる。
↓ABを作り出しているのが
「コンテンツ」
■コンテンツの種類
動画、店内POP、メニュー、バナー広告、SNS運用、HP、ブログ  など
↓このコンテンツが売り上げを作る!
自動売上/自動集客に繋がる
■コンテンツに磨きをかける
同じPOPでもPOPの内容で売り上げが変わってきます。
【例】お正月のカメラの販売、大手ショッピングセンターの施策
A. 「今ならカメラがお得!」0.2%
B. 「あと何回家族で集まれるだろう?」3%
同じ「POP』というコンテンツでも、コンテンツに磨きをかけるだけで15倍もコンバージョン(売り上げ)が変わってきます。コンテンツは売り上げに直結してくるため、非常に重要なのです。それでは、AとBとでは何が違うのでしょうか?
Aは、情報しかお伝えしていないのに対して
Bは、クエッションにすることでの問いかけと、感情に呼びかけるお伝え方をしています。どういう事なのか下記で説明をして行きます。
■コンテンツの目的は?
読まれるためでも、見られるためでもなく、「動かすため」=売り上げ
どうしたら動かせるか?ということを考えて作らないと意味がありません。ここがコンテンツの意味・目的となっていきます。
■人は理論で動かない
「人はいつでも理論で行動しない。いつもでも感情が行動を生み出すもの」この言葉お通りで、
先ほどのAとBでは、Bは感情に問いかける言い回しをしいていました。どんなにロジカルな言葉や数字をお客様に伝えても、それでは行動まで繋がらず売り上げに結びつかないという事なのです。
コンテンツ前編のまとめ
コンテンツとは、感情を生み出すための装置。売上を生み出すための仕組み
コンテンツ→感情を動かす→行動を起こす→売り上げに繋がる。コンテンツ=売り上げなのです!
後編に続く・・・
>運動を通して健康、幸せのサポートをします

運動を通して健康、幸せのサポートをします

健康とは、ココロとカラダが共に健やかになる事が必要だと考えています。運動を通して心から元気になれて、心から笑える。内面からの健康を視野に入れた「真の健康作り」を提案します。子どもから大人までの運動指導・健康活動のご提案お任せ下さい。また、個人から企業・団体まで様々な内容、プログラムをご用意しております。お仕事のご依頼・ご相談お待ちしております。