毎日を笑顔で過ごしたいあなたへお届け!

動画撮影スキル ②〜撮影モード〜

撮影には「4つのモード」があるんだって!
んん??他にも「シャッタースピード」「ISO値」「F値」。。。なんか難しそう〜!
今回は「撮影モード」についてまとめていきます。専門的な今回のセッションは仕事の幅を広げるスキルアップに繋がるので学んでいきましょう!まずは、撮影に関しての言葉をご紹介していきます。
■4つの撮影モード
Pモード(プログラムオート):露出を決める3項目全て自動で決めてくれるモード(初心者におすすめ)
Sモード(シャッター優先オート):撮影者が選んだシャッタースピードに対して適正露出となるように決めてくれるモード
Aモード(絞り優先オート):撮影者が選んだ絞り値い対して適切露出となるような絞り値をカメラが自動的に決めます
Mモード(マニュアルオート):絞り値もシャッタースピードも撮影者自身が選ぶので写真の表現の幅は広がります
■露出とは?
露出とは、撮像素子に光を当てる事です。露出を調整する事で、明るい屋外でも暗い写真や、夜の室内のような暗い場所でも明るい写真にすることが出来ます。
■露出を決める3項目
・シャッタースピード
・ISO値→「感度」という、光の感じやすさを表す値。ISOという単位の事
・F値→
■YouTubeとVlogではどいうか?
・YouTube
→大抵の場合、一回設定を決めれば十分
・Vlog
→意思を映像表現に反映させたい場合はMモード
■FPSとは?(Frame Per Second)
・フレームレート=FPS
→フレームレートは1秒間の動画で見せる静止画の枚数(コマ数)で、単位が「コマ/秒」を表す
■FPSの理解が深まりと?
・編集効率が上がる
・容量をどれだけ食うかに影響する
→活用シーンを踏ませてFPSを設定する
■FPS数値の違い
・数値が小さければ「カクカク」して動く
・数値が大きければ「ヌルヌル」動く
・24fps
→主に映画で使用。残像感による味わいのある雰囲気に
・30fps
→主にテレビで使用。最も見慣れている映像に
・60fps
→最新ゲームやスポーツなどに使用。動きの早い映像に
■高FPSの使用シーン
・スローモションを作成したい場合
■FPS設定のまとめ
・編集で映像素材をスローモションにしたい場合は「60fps」を使用
・スローモションにしない場合は「24fps-30fps」で容量圧迫を避ける
・基本は「24fps-30fps」で書き出して行う
次は「撮影時の機能面」についてまとめていきます。聞き慣れない言葉が多いですが少しずつ理解を深めていきます!
>運動を通して健康、幸せのサポートをします

運動を通して健康、幸せのサポートをします

健康とは、ココロとカラダが共に健やかになる事が必要だと考えています。運動を通して心から元気になれて、心から笑える。内面からの健康を視野に入れた「真の健康作り」を提案します。子どもから大人までの運動指導・健康活動のご提案お任せ下さい。また、個人から企業・団体まで様々な内容、プログラムをご用意しております。お仕事のご依頼・ご相談お待ちしております。