毎日を笑顔で過ごしたいあなたへお届け!

動画撮影スキル ①

動画編集のメリットを知っておこう!
撮影機材もおすすめを教えて欲しいな(^^)

今回は、「動画編集について」まとめていきます。動画のメリットとはどんな事なのでしょうか?そもそも動画って?という所から学んでいきます。

■動画とは?
・動画とは「写真の集合体」です。写真の連写をイメージするとよくわかるかと思います。パラパラ漫画のイメージです。
動画は、日常の様々なシーンで使われています。例えば「電車の中」「コンビニのコーヒーマシン」「YouTube広告」などでも動画を目にします。現在の「動画広告市場」はどの位なのでしょうか?!

□動画広告市場
2018年 1800億円、2020年 2900億円、2024年 5000億円
どんどん上がってきています。4年後は、5000億円なんてびっくりしますね。市場が高まっている「動画」についてしっかり学んでおきましょう。
■動画のメリット
・情報量が多い
・動画でしか伝えられない事がある
・音声と映像で印象に残りやすい
・現代人のライフスタイルにマッチしている   など多くのメリットがあります。
今は広告も「動画」が使用される時代です。動画のメリットを知り、活かす事が大切です。
□3Vの法則
・バーバル…言語・・・7%
・ヴォーカル…聴覚・・・38%
・ヴィジュアル…視覚・・・55%
このように動画は「言語」「聴覚」「視覚」全てを使い情報を得ることから、情報量が多くなります。
動画>写真>テキスト    伝わりやすさの順番です。
□動画でしか伝えられない事
・写真や文章だけでは伝えられない事とはなんでしょうか?
↓それは、
感情/雰囲気
【例】怒っている時の感情
→どんなに文字で「怒っている」事を書いても、動画の情報のは敵いませんよね?実際にみた方がよりリアルにわかると思います。
【例】食品の商品紹介
→動画にする事で、「柔らかさ」「とろけ具合」など文字や写真よりもイメージや商品の具体的な情報を伝える事が出来ます。このような情報の差で、売り上げが変わってくる事もあります。
ここからは「撮影機材」の事をお話していきます。種類や機能の説明も入れすので、用途に合わせて使っていきましょう!
動画撮影時に準備すべき機材4つ
①カメラ②レンズ③マイク④三脚とスタビライザー
①カメラ本体について
【種類と機能】
・ハンディーカム
→長時間の撮影に向いている、手ブレがない、外での撮影が有効的
・iphone
→容量に不安がある、iphoneのみで撮影から編集可能
・一眼レフ
→30分しか撮影出来ない、Vlogを撮りたい人向け、綺麗に撮れる、ボケ感ある映像が撮影出来る
②レンズ
【種類と機能】
標準レンズ
→日常的なシーンを切り取りたい方
望遠レンズ→遠くのものを撮影したい時、近づけない時
広角レンズ→引きの映像を撮影したい時
魚眼レンズ→独特の世界観を演出させたい時
単焦点レンズ→背景をぼかしタイ時
マイクロレンズ→被写体に近づいて撮影したい時
③マイク
【種類と機能】
・カメラ本体のマイク→環境音が入ってしまう
ピンマイク→しかっり声を拾ってくれる
ガンマイク→カメラを向けた方の音声を拾ってくれる
・レコーディングマイク
・ICレコーダー
※マイクは、「ピンマイク」「ガンマイク」が動画撮影時向いています!
④三脚とスタビライザー
三脚:徹底的に手ブレを無くしたい場合
スタビライザー:手持ちで滑らかな映像を撮影したい場合
■まとめ
・動画での発信は「情報量の多さ」「伝わりやすさ」がメリット。また現代人のライフスタイルに合っているのも魅力
・カメラやレンズ、マイクは用途別の使用が必要
・YouTubeを始めるにはスマホで問題なく出来る
>運動を通して健康、幸せのサポートをします

運動を通して健康、幸せのサポートをします

健康とは、ココロとカラダが共に健やかになる事が必要だと考えています。運動を通して心から元気になれて、心から笑える。内面からの健康を視野に入れた「真の健康作り」を提案します。子どもから大人までの運動指導・健康活動のご提案お任せ下さい。また、個人から企業・団体まで様々な内容、プログラムをご用意しております。お仕事のご依頼・ご相談お待ちしております。